Category Archives: 今日の一枚

Jグリーン堺

U18キャンプです。
次のU20ワールドカップを目指すチームがJグリーン堺で合宿を行いました。
大学の総理大臣杯などもあり、多くのサッカー関係者が訪れてくれました、影山監督率いるこのチームは10月下旬から11月にかけてモンゴルでの一次予選に臨みます。
天候にも恵まれて充実した時間となったようです。
彼らの成長を楽しみに見守りたいと思います。
このJグリーン堺には、毎日多くの子どもたちが訪れ、活気がありました。
健康的な生活で英気を養うことができました。

6大会連続ワールドカップへ!

2018FIFAワールドカップロシア大会、出場が決まりました。
日本がホーム最終戦でオーストラリアに勝利し、アジア最終予選グループBの首位突破です。日本選手の底力、層の厚さを感じる試合となりました。
サポーターの大声援が絶対の後押しになる、そんな雰囲気の中で先制ゴールがうまれました。
結束力が組織の力を何倍にもする!
サッカーファミリーの一体感を感じる歴史的、勝利です。
丸いボールは思いのある方に転がるもの。
写真は試合前の一枚です。

帯広

帯広に伺いました。
U15クラブユース大会です。
40分ハーフのゲームは選手の実力がよく見えます。
涼しい気候があるから、ハードなゲームができます。
試合ごとに成長する姿が、我々をワクワクさせてくれる大会です。
リーグ戦ではサブの選手の役割も大切になります。
サブの選手の姿勢にチームの結束力、一体感を見ることができます。
保護者の皆さんにとっても、思い出の夏になるのだと感じます。

川崎劇場

川崎等々力競技場です。
川崎と鹿島の試合を視察しました。
奥深い試合となりました。
プロとアマの差は、言われなくても一瞬にして状況を察知して、自分のするべきことをやってのけられるかどうか。
マニュアルというのは最低限のことしか書いてない。
マニュアルどうりにやれてもプロでは結果は出せない。
頂上決戦から多くのことを学びました。
目標を作ったら必ず期限を設ける。
期限がない目標は単なる願望。
アスルクラロ、10カ年計画もそんな思いで発表させていただきました。

SBSカップ2017

藤枝に伺いました。
SBSカップU18国際ユース大会初日です。
静岡、日本代表、チリ、チェコの4チームのリーグ戦でタイトルを争います。
総当たりリーグ戦、80分ゲーム、PKあり。
歴史は長く40年に渡ります。
静岡新聞、静岡放送のSBSグループを中心とするサポートがこの歴史を築きあげています。
これまでに世界のスーパースターの多くがこの大会に参加しています。
今回は協力関係にある、フランス、ツーロンの大会の会長も訪れていただき、有意義な時間が取れました。
写真は藤枝総合運動公園サッカー場です。

日本平

清水-C大阪の試合に伺いました。
日本平スタジアムです。
昇格組の両チームが対戦し、激しい点の取り合いとなりました。
好調、C大阪がリードし、試合を優位に進めていました。
しかし、オーロラビジョンに映し出された映像が清水の選手達の感情に火をつけ、激しくゴールを奪いに行く状況を作り出しました。
改めて、感情がサッカーというスポーツの大きな要素だと感じる試合となりました。
写真は試合前の一枚です。

松濤カフェ

散歩です。
趣味は散歩ぐらいかもしれません。
やりたいことは、たくさんあります。
趣味は捨てて、やりたいことをやる。
心身のコンディションを保つことは、仕事を充実させるため鍛錬だて考えています。
現在の仕事は自分の体質や性格に合っていると思います。
仕事を面白くできれば、成功に近づくことができます、成長できるから、伸びていく、そう考えます。
日々、自分を鍛錬する。今すぐ、が最善です。この散歩も気が向くまま。
一番の快楽です。
美味しいカフェとサンドイッチで、いい空間を楽しみました。

江別市

北海道江別市に伺いました。
教育関係者の皆さんの研修での講演です。
写真は企画運営で会を盛り上げていただいた方々との一枚です。
多くの先生と楽しい時間を共有させていただきました。
控え室でもサッカーのコンフェデやワールドカップ予選の話題でした。
人を育てることが未来の希望だと、深く感じます。
羽田、札幌、余裕の日帰り旅ですが、先生方の情熱と意欲を実感した充実の北海道となりました。

目黒雅叙園

トークショウの仕事で目黒雅叙園に伺いました。
通路には提灯なでが飾られ夏祭りの雰囲気です。
イベントなのか、浴衣姿の女性が多く華やかなで日本文化の素晴らしさを感じます。
日本庭園と滝が涼しさとともに揺らぎを提供してくれます。
人は感情で動きます。
この日のトークショウの仕事も、気持ちよくできました。

クラブユース U18

群馬県前橋市などで開催されているクラブユースU18大会に伺いました。
年々、会場整備も進んで環境は良くなっています。
この日は雨と曇りの天気で、気温が下がりプレーする選手には悪くない条件でした。
青春時代の思い出に残る通過点としての濃密な時間。
この大会と群馬県での喜び、幸せ、惨めさが、選手を成長させてくれるはずです。
サッカーで人が出会う町、群馬となるような、雰囲気が出てきました。
多くのサッカーファミリーと会話を楽しみました。