Category Archives: 今日の一枚

ボランティア

ボランティアの若者たち。
チームのサポートをしていただいているメンバーです。
アジア大会、サッカー競技は4会場あります。
もう少しでこちらの会場とも、お別れの時がやってきます。
親切に、なにより心のこもった仕事ぶりに、我々も元気をもらっています。
彼ら、彼女たちにとっても名誉な事なんだと伝わってきます。
他チームの視察の時も同行してくれて、本当に助かります。
アジアの仲間との充実の日々を実感しています。

Jakarta Palembang 2018

サッカー競技は試合会場近くのホテルが選手村となっています。
パキスタン、ベトナムと同宿です。
ロビーには多くのボランティアが待機しており、サポート体制は充実しています。
写真はロビーでのセレモニーの一枚です。

ジャカルタ アジア大会

インドネシアです。
ジャカルタ、アジア大会が開催中です。
開会式に先立ちサッカー競技が始まりました。
写真は宿舎ロビーにあるマスコットの一枚です。
試合会場は宿舎からは10分程でポリスエスコートもありスムーズに競技場に入れます。
日本の暑さに慣れた身体には、涼しく感じるナイターの試合となりました。

郡山

福島県郡山に伺いました。
東北は夏祭りで各地賑わっている印象です。
往復の新幹線も満席が多く、時間変更は不可能で、余裕を持って取得された時間まで駅周辺をプチ散歩しました。
写真は郡山駅での一枚です。
移動はたいへん便利になり、交通インフラの充実を実感します。

東京駅と打ち水

東京駅です。
仕事で丸の内に伺いました。
暑さが厳しい日々ですが、東京駅丸の内で少し涼しい気分になりました。
東京駅前の広場に打ち水システムがあり、驚きました。
おもてなしの心を感じる、海外からの旅行者にも、更に喜んでいただけそうです。
写真は手前の打ち水エリアと東京駅です。

博多

福岡に伺いました。
ワールドカップの報告イベントです。
多くの方々にお会いできて、充実した時間となりました。
さらなる高みを目指して、まだ見ぬ景色を求めて、子供達を丁寧に育てていくことが大切だと感じます。
歴史の厚みを増していくことが大切。
オールジャパンの編成で前進したロシアでの戦いは、日本サッカー史に厚みをもたらしました。
世代交代の時期ですが、人を育てるには時間がかかります。
しっかりと見守っていきます。
写真は博多駅の一枚です、

2018ワールドカップ決勝

モスクワ、ルジニキアリーナです。
史上最高のワールドカップと言っても過言ではない大会となった。
ロシアの驚異的な頑張り。
ビデオアシスタントレフリーが話題。
総体的に採用して良かったという印象。
エムバペが新たなスターとして名乗りをあげた。
ロシア人は非常に親切で、全てが機能した。
フーリガンの暴力は皆無。
人種差別的なヤジを耳にすることもなかった。
そして優勝したフランスは2度目の世界制覇にふさわしい強さとクオリティを持ったチームであった。

ルジニキ

ワールドカップ準決勝ルジニキアリーナです。
クロアチアvsイングランド。
豪華な布陣のクロアチア、だがヨーロッパ予選ではプレーオフの末にギリシャを破って出場を決めた。
若手の台頭により成長しているイングランド。
豪華な布陣対若手の台頭という構図の準決勝は、経験不足が勝敗の差となるゲーム終盤の戦い方に現れた。
ワールドカップの魅力と恐ろしさを感じる試合となりました。

モスクワ

モスクワです。
ロシア連邦の首都にして、世界有数の大都市の1つ。
ロシアの行政、金融、産業、文化、教育の中心。
ユネスコ世界遺産のクレムリン、赤の広場、ノヴォデヴィチ修道院、など観光スポットは無数。
地下鉄もあり成長を実感することも多いいが、他都市に比べ、物価は高めではあります。
写真はショピングモール内のスケート場、子供たちが楽しむ姿を見て、ロシアのフィギュア人気を感じることになりました。
ワールドカップもいよいよ大詰めです。
モスクワでの新たなる歴史の誕生をしっかりとお届けします。

サマラ

サマラに入りました。
ワールドカップ準々決勝、スウェーデンvsイングランドの試合の中継です。
対戦成績は五分で接戦となりそうです。
若いイングランドが、どんな成長を遂げるか楽しみにしています。
サマラはヴォルガ川とサマラ川が交わる場所に位置し、その後カスピ海に流れて行きます。
軍事の開発拠点としても栄えた町で、ロケット博物館などもあります。
写真はヴォルガ川です